医学部に入るために

情報力も必要

医学部入試を突破

するには、学力に加えて「情報力」が必要です。

情報とは、大学別の入試傾向はもちろん、入学後の学校生活についてなど。入試の内容は勉強方法を決める為に必要ですが、その先の学校の中の情報まで 知っておくことで、入学してから後悔する可能性をつぶせます。

医学部入試を安易に考えている方はいないと思いますが、「まあなんとかなるだろう」「勉強してればどこかには引っかかるだろう」と考えていませんか?

というのも、医学部を目指す人は合格者を多く出している進学校や進学塾、医学部予備校に通っている人が多いでしょうが、周りみんながトップレベルの大学を目指すため、医学部というトップレベルの学力が必要とされるところを目指すということが、当たり前のような感覚に陥ってしまい、悪い意味で目指している医学部が「身近に」感じてしまうのです。

医学部の難易度からもわかるように、最も簡単な大学でさえ、世間でいう難関校です。どこかに受かるだろうという考えは捨てましょう。

117432

最小の労力で最大の結果を

「医学部生はガリ勉」。そんなイメージを持っている人もいるでしょうが、実際は全くの逆。高校時代から勉強以外にも部活や趣味に精を出している人が非常に多いです。これは、最小限の労力で最大限の結果を出せるような勉強の仕方を常日頃から行っています。

その勉強法とはまず、教科書レベルの知識を大事にすること。次に、多くの問題に手をつけるよりも、少ない問題を何度も復習する、この2つが挙げられます。

ひとつ目は、難関大学を受ける受験生ほど疎かにしてしまうポイントです。ほとんどの大学は難問奇問を出題することはせず、標準レベルの問題を短時間に正確に解かせる問題を出題します。従って、教科書レベルの基礎知識を疎かにしないことがとても重要になってくるのです。

二点目も、多くの受験生が犯すミスです。人は一度見ただけですべてを記憶できるほど賢くできていません。何度も何度も反復演習を繰り返すことによって初めて、その内容をマスターできるのです。